平泳ぎプルの有効的な方法を調べた

水を沢山かくために、十分に伸び切って泳ごうとするのは間違い?

 

ホームセンターで買い物してるときに手がカサカサに荒れていたのでハンドクリーム

 

のコーナーに行って塗りました。コエンザイムQ10が入っているやつでなかなかクリーム

 

が伸びてよかったな。一緒にいる連れにあっ!と言われて気がついたら普通にその

 

クリームは売ってる方のクリームでした。テスターのクリームは売り物と一緒に

 

紛れていたからわからなかった。棚の手前にちゃんと置いといてくれればいいのに。

 

それか一つ一つ梱包していればいいのにね。多分同じように使っちゃった人いると思うよ。

 

 

プルの掻き始めで、少しでも進もうと腕を前に出し過ぎていた・・

 

ざっくり調べたら・・

 

伸びる時間は、長すぎても間延びしすぎても短すぎてもダメらしい!?

 

キック蹴り終わって1〜2秒でかき始めるところから調整し練習をするのが

 

良いとか。キックを終えてプルのかきだしが早いと推進力が生かせないし、

 

キックを終えてプルが遅いと推進力が消える。。

 

どっちにしても注意が必要・・汗

 

 

なるほど・・とりあえずキック蹴り終わって1〜2秒でかき始めるところから調整

 

というか練習してみるか〜

 

それに慣れたら、若干早くしてみるのもいいのかな・・?

 

よく分からなくて難しいな〜

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの平泳ぎスイマーはこうした・・

 

プルの動作のコツに疎いもの。専属のコーチが居るわけでもなく自己流が

 

ほとんどだから、上手くいかないことも多々ある。

 

だとしたら、今の自分達に必要なのは、プルの効果的なテクニックやコツ

 

が手に取るようにわかりすぐにマスターできるようなプロの教えや極意

 

をいち早く見つけ出すことかもしれないですよね〜

 

お互い頑張りましょ^^

 


体の使い方を生かして筋力に頼らず
平泳ぎを上達する為の教科書

 

一人で効果的な練習ができる

 

練習の度にスピードアップを実感できる

 

180日間返金保証付き  もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

ページ上部に戻る