平泳ぎプルとスピードアップについて調べた

力強い平泳ぎのプルの力でスピードアップしたい場合はどうしたら・・

 

調べたら・・力強い平泳ぎのプルは、肘の使い方はもちろん・・

 

二の腕と手のひらすべてのバランスを意識した運動が重要らしいですね。

 

すごい難しいポイントだけどしっかり学んで習得することがスピードアップには不可欠らしい・・

 

平泳ぎ上達法〜プルのスピードアップ良い方法〜

 

特に親指と人差し指の下の当たりを使って手を肩幅まで開くのがコツとからしい。

 

あんまり聞いたことない方法だな・・それでスピードアップできるなら取り入れてみるか〜具体的にどうやるんだろう?

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの平泳ぎスイマーは

 

こうした平泳ぎの方法やコツにまだ疎かったりするもの。悔しくて自分なりに調べたりもするけどなかなか自分に合った手とり足とりな良い方法に出会えるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕もない。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのはこうしたプルのスピードアップ良い方法も含め都度目で見てシンプルに理解でき、即上達に繋がるプロの教えや極意というべき平泳ぎ上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出すことが上達への最短の近道と言えるのかもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表種田恵があなたを徹底指導!

 

女性が筋力に頼らず平泳ぎでスピードアップをするのに必要な技術・練習法に絞った、最先端上達法を教えます。

 

*180日無制限メールサポート&返金保証付き

 

 

 

 

週末によく行く某安売りスーパー。安売りスーパーは、ものが他の店より安いからいいのだけど・・、基本的に駐車場は使ったカートがおきっぱなしだったり、色々とマナーも悪い。店員さんも大きい店に比べて少ないからあまり巡回してくれなくて、カートも放置状態。善意のお客さんが片づける感じ・・。また店内はいつも熟練したレジのおばさんが素早くレジを打ってくれるけど、最近試験的に1台セルフレジを導入するみたい。

 

今大きいスーパーでもセルフレジがあちこち導入されて、結構みんな使ってるよね。自分はめんどくさがりなのでおばさんに打ってもらうほうが楽だけど。だけど安売りスーパーで客層はほとんどおばさんやおばあチャンんだからセルフレジなんか難しくてみんな使えないよー。逆に混雑するんじゃない?と思ったら、店員のおばちゃんがバーコードだけ打って次の工程で支払いを自分でするタイプのセルフレジみたい。それならなんとなるか。店員さんもお金触らないから手もキレイってことで。大きい店の方はバーコード打ってそのまま袋詰めできるメリットもあるみたいね。考えてみればそっちの方が楽かな!?まぁ時代の流れですね。

 

そういえば激安スーパーはレジ袋がすごく頑丈でそこも気に入ってます。明らかに大型量販店の袋と厚さが違う・・。触ってすぐに分かるし、絶対破けないであろう感じなので、激安なのにそこはケチらないですごいな〜と感心します。

 

今日も仕事疲れました。バテないように休憩所にある梅干し食べたり、塩飴舐めたりしてますが多少違うのかな。なるべく甘いものは飲みたくないので自動販売機で飲みもの買わないで、冷水器の水飲んでます。マイポットも持っていきますが、午前中で空になってしまいます。もう少し大きいのに買い替えようかな〜って毎回言ってるし笑

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る